イベント・展示会ブースの企画・設計・施工・装飾・管理・運営ならジラフ計画まで。

ブース設営におけるオススメの造作方法とは?

展示会に出展する際、ブースを設営します。
皆様、設営方法にも様々な種類があるのはご存じですか?

今回は設営方法についてご紹介をさせていただきます。是非、ご参考にしてみてください。

木工ブースとは?

木工ブースとは考えたデザインを一から作成する造作方法です。
デザインの自由度が高く、大きさや形をお好みで作成することができます。
ブース自体を目立たせることができ、オリジナリティ溢れるブースを作成したい方にオススメです。

一方で他の設営方法に比べて、デザインの選定から確定まで時間がかかってしまいます。
コスト面においても他の造作方法に比べて、高くなります。

基本的に一度しか使えないような造作物は、コストを優先する場合だと不向きになる場合もございます。

木工ブース 制作事例

システムブースとは?

システムブースとは元々作られているパーツを組み立てて作成する造作方法です。
デザインが統一されているため、木工ブースに比べてはやく組み立てられるのが特徴です。
コストの部分においても、木工ブースに比べて安価であり1~2小間等の小規模ブースで選ばれるケースが多いです。

元々あるパーツを組み立てるため、繰り返し使用することができるのも特徴です。

一方でデザイン性においては、自由度が低くオリジナリティは欠ける場合があります。

システムブース 制作事例

ジラフ計画でも対応可能!

ジラフ計画でも過去に施工実績がございます。
社内で部材を所有しております。どんなブースにも対応可能ですので是非ともご活用ください。

皆様からのご依頼をお待ちしております。

PAGE TOP